宇宙水槽は「プロ社会人劇団」を目指します。

 

新年明けましておめでとうございます。

時が経つのは早いもので、演劇集団 宇宙水槽は今年で活動9年目に突入。

来年2021年にはなんと10周年を迎えます。

 

 

 

これまでいろいろな活動を行ってきました。

 

年1回の本公演、演劇見本市への参加、

鹿児島の演劇フェスBAZU-FESへの参加、熊本演劇バトルDENGEKIへの3年連続参加と2年連続優勝、中高生を対象としたワークショップや中学校公演、「すいそうの水平思考」(水平思考問題 × 演劇)という新しいジャンルへの挑戦、2回の県外遠征公演、

などなど……

 

その活動が評価され、2019年末には九州若手劇団アワードに選ばれました。

皆様のたくさんの応援があったから毎年公演を打ち、ここまで活動を続けてこられたのだと思っています。

とても光栄に思います。本当に、ありがとうございます。

 

 

 

さて、10周年の節目を前にこれからの活動について劇団員で話し合いました。

劇団として、ここで宣言いたします。

 

 

 

  「演劇集団 宇宙水槽は、

      『プロ社会人劇団』

            を目指します!」

 

 

 

宇宙水槽は社会人劇団です。

劇団員は学生組を除いて皆、日々仕事をしながらお芝居を続けています。

鹿児島という地方で演劇を続けるなら、この形式は強みになると感じています。

 

芝居に打ち込める時間に制限はあるけれど、それでももっと面白く、もっとすごい作品を作りたい!もっとたくさんの人に観てもらいたい!そして、きっとそれは実現できるはずだ!

 

そんな気持ちを込めて、「プロ社会人劇団」と名付けました。

たかが趣味、とは言わせない。

プロ同等の質をもつ演劇を提供する社会人劇団になりたい。

プロとは「自分達がプロだと自覚すること」「誰かにプロだと認められること」だと我々は考えています。

覚悟を決めて、また、10周年記念公演に向けて、2020年も積極的に活動してきたいと思います。

 

 

今年も、演劇集団 宇宙水槽をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2020年1月13日

演劇集団 宇宙水槽 代表 宮田晃志